ルーマニアの世界遺産の一部をご紹介します。

・ホレズ修道院

ルーマニア正教会の修道院で
領主コンスタンティン・ブルンコヴェアヌによって
1697年に設立されました。
ブルンコヴェネスク様式と呼ばれる独創的で美しいデザインが特徴です。

・トランシルヴァニア地方の要塞教会

中世時代にドイツ系ルーマニア人によって建立さた
バロック調の教会です。
オスマントルコや周辺の遊牧民からの激しい攻撃にあい
防衛強化の為に、要塞化していきました。
このような要塞教会は最大で600ヵ所ほどありましたが
現在では、その約半分ほどしか残っていません。

・マラムレシュ地方の木造教会

全てが木造で、基礎石も使っていない独特の建築方式で
そびえ立つ、とんがり屋根が特徴です。
内部には、聖書や人々の生活風景が描かれた絵画が貼られています。